国立感染症研究所

bacii title 4

 細菌第二部は、ジフテリア、偏性嫌気性菌による感染症、百日咳、結核、マイコプラズマ感染症、ヘモフィルス インフルエンザによる侵襲性感染症などの感染症及び日和見感染症、慢性持続性感染症の予防・診断・治療及びそれらに関するレファレンス業務に関わることを所管する。主な業務は次にあげられる。

1) 細菌感染症の病態・病因、細菌の病原因子、薬剤耐性の分子機構に関する研究

2) 細菌感染症に対するワクチンのうち、HibワクチンやDTaP ワクチン、BCG 製剤、精製ツベルクリン、また、抗生物質製剤の品質を管理するための国家検定・検査及びそれらの品質管理に必要な標準品に関する業務

3) 細菌感染症のレファレンス業務

4) 生物学的製剤についての統計解析ならびに無菌性保証に関する業務

5) 細菌感染症対策やワクチン製剤の品質管理等に関する国際協力

 

第一室(抗生物質製剤・薬剤耐性菌室)

2-1 3

日和見感染症、慢性持続性感染症の原因となる細菌の病原性、病因に関する研究を行う。また、細菌の薬剤耐性に関する研究を行う。一方、抗生物質製剤及びその標準品の品質管理を担当する。

 

 

第二室(無菌性保証及びマイコプラズマ室)

2-2 3 

マイコプラズマ感染症ならびにヘモフィルス インフルエンザによる侵襲性感染症の病態、病因に関する研究を行う。また、ヘモフィルス インフルエンザ b 型ワクチンの品質管理業務、ならびに、生物学的製剤における無菌試験およびマイコプラズマ否定試験に関わる業務を担当する。

 

第三室(トキソイド、抗毒素、細菌毒素および偏性嫌気性菌研究室)

2-3 3 

破傷風菌、ボツリヌス菌、クロストリジウム・ディフィシルを含む偏性嫌気性菌、ジフテリア菌を含むコリネバクテリウム属菌及び、その他の毒素産生菌による感染症に関する研究を行う。また、それらの感染症の予防、診断、治療などに不可欠な、トキソイドワクチン、毒素、抗毒素、抗血清などの品質管理及びその技術の向上に関する研究を行う。

 

第四室(BCG・ツベルクリン室)

2-4 3 

乾燥BCGワクチン、乾燥BCG(膀胱内用)、精製ツベルクリンの製剤担当室、試験担当室として、これらの国内向け製剤の国家検定と、ユニセフ向け乾燥BCGワクチンのSLP審査と試験を担当している。他にウイルス製剤の結核菌培養否定試験等も試験担当室として担当している。BCG、ツベルクリンではともに製剤の試験項目として最も重要な力価試験を国家検定で行っている。

 

第五室(百日咳・エンドトキシン室)

2-5 3

百日せきワクチンの検定・検査、承認前審査および生物学的製剤のエンドトキシン試験、特殊毒性試験を担当する。また、百日咳菌を含むボルデテラ属細菌及びそれらに起因する疾病に関する研究を行っている。主な研究テーマ(1)百日咳および類縁菌感染症の新規診断法の開発、(2)百日咳菌流行株の分子疫学的解析、(3)百日咳および類縁菌の病原因子の解析

 

 

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version