国立感染症研究所

この記事の評価: 2 / 5

Star ActiveStar ActiveStar InactiveStar InactiveStar Inactive
 
vir 2021 10
Mefloquine, a Potent anti-Severe Acute Respiratory Syndrome-related Coronavirus 2 (SARS-CoV-2) drug as an entry inhibitor in vitro

Shionoya K, Yamasaki M, Iwanami S, Ito Y, Fukushi S, Ohashi H, Saso W, Tanaka T, Aoki S, Kuramochi K, Iwami S, Takahashi Y, Suzuki T, Muramatsu M, Takeda M, Wakita T, Watashi K*

Front Microbiol. 12:651403. doi: 10.3389/fmicb.2021.651403

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の制圧は喫緊の課題である。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は2021年5月現在も世界的に大きな問題となっている新興感染症であるが、これに有効な抗ウイルス薬は未だほとんど無い。

本研究では承認済みの抗寄生虫薬・抗原虫薬のスクリーニングを行い、抗マラリア薬メフロキンが新型コロナウイルス感染を強く阻害することを明らかにした。メフロキンはヒドロキシクロロキンよりも強く、ウイルスの細胞表面からの侵入過程を阻害することが示された。数理解析により、臨床濃度のメフロキン投与により患者体内の累積ウイルス量およびウイルス排除に要する時間が未治療時と比べて有意に減少・短縮することが示された。これはメフロキンがCOVID-19に対する有用な抗ウイルス薬となり得ることを示唆している。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version