国立感染症研究所

広島市で検出されたノロウイルスGII.P16-GII.2の遺伝学的解析

 

IASR-logo

広島市で検出されたノロウイルスGII.P16-GII.2の遺伝学的解析

(掲載日 2017/02/01)(IASR Vol. 38 p.38-39: 2017年2月号)

広島市では、2016年の第42週以降、感染性胃腸炎の定点当たり報告数が増加し、第46週に24.63人/週とピークに達した。過去5シーズンと比較すると、最も流行の立ち上がりが早く、流行規模では2012/13シーズンに次いだ1)。2016/17シーズン(以下、今シーズンとする)は全国的に感染性胃腸炎の報告が多く、主要起因ウイルスとしてノロウイルス(NoV)GII.2が推定されている2)

最終更新日 2017年10月12日(木曜)17:48

参照数: 12322

続きを読む: 広島市で検出されたノロウイルスGII.P16-GII.2の遺伝学的解析

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version