国立感染症研究所

この記事の評価: 2 / 5

Star ActiveStar ActiveStar InactiveStar InactiveStar Inactive
 

Both the N- and C- terminal regions of the Chlamydial inclusion protein D (IncD) are required for interaction with the pleckstrin homology domain of the ceramide transport protein CERT.

Kumagai K, Elwell CA, Andoh S, Engel JN, and Hanada K.

Biochem. Biophys. Res. Commun., 505, 1070-1076, 2018

性感染症を引き起こすクラミジア・トラコマティス(Chlamydia trachomatis; Ct)は、細胞内偏性寄生細菌であり、感染した宿主細胞内に封入体と呼ばれる寄生胞を形成し、宿主細胞の合成したいろいろな代謝物を取り込みつつ封入体中で増殖する。通常、宿主タンパク質CERTは小胞体膜からゴルジ体膜へと脂質セラミドを運んでいる。しかし、Ct感染細胞においては、封入体の膜タンパク質IncDがCERTのプレクストリン相同(PH)ドメインと結合して宿主の合成したセラミドを封入体へと仕向けている。

我々は、各種IncD変異体とCERTのPHドメインをHeLa細胞に発現させて様々な生化学的解析を行い、IncDが膜貫通領域を介してホモ二量体を形成し、それがさらに大きなホモ多量体へと重合すること、そして、多量体として存在するIncDのN末領域とC末領域の両方がピンセットのようにCERT PHドメインとの結合領域を形成していることを明らかにした。 

 biochem 2019 1

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version