国立感染症研究所

corona image国立感染症研究所では、2020年1月より明らかとなった中国武漢市をはじめとする肺炎及びその原因とされる新型コロナウイルス(2019-nCoV)に関連する疫学、検査等について情報を提供しています。

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報ページ

 

 


国立感染症研究所内での新型コロナウイルスSARS-CoV-2取り扱いについて

国立感染症研究所 バイオリスク管理委員会
2020年1月30日

 

以下のような所内ルールが取り決められましたのでお知らせします。 所内のバイオリスク管理委員会で議論した結果、当該ウイルスの所内での取り扱いについて以下の2点が決定された。

  1. 新型コロナウイルス2019-nCoVの病原体の取り扱いは、BSL3/ABSL3取り扱いとする。
  2. 新型コロナウイルス2019-nCoV感染疑い患者由来の臨床検体はBSL2取り扱いとする。

なお、本ウイルスは、病原性や伝搬性等で知見が蓄積中であり、本取り決めは暫定的な取り決めとする。また、新規ウイルスで知見が蓄積していないことを考慮し、曝露リスクを低減する追加対応をする。

 

2020年2月21日追記

 

暫定的な名称としていた 2019 novel coronavirus(2019-nCoV)は

severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) となりました。

 



 

「研究課題名:2019-新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症対策に資する開発研究」へのご協力のお願い(2020年2月5日掲載)

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version