国立感染症研究所

Characterization of a new anti-enterovirus 68 compound purified from avocado.

Minetaro Arita, Hiroyuki Fuchino, Hitomi Kawakami, Masami Ezaki and Nobuo Kawahara

ACS Infectious Diseases DOI: 10.1021/acsinfecdis.0c00404

vir 2020 02エンテロウイルスD68は、秋に流行する小児の呼吸器疾患および急性弛緩性脊髄炎発症との関連が注目されているウイルスです。エンテロウイルス感染に対する薬で実用化されているものはありません。実用化に向けた大きな課題として、小児における薬の安全性が挙げられます。

 厚生労働省外部精度管理事業

 

    感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)に基づき感染症の患者の検体又は 当該感染症の病原体の検査を行う施設において実施する検査に関して、外部精度評価の機会を提供し、調査結果の評価・還元等をつうじて精度保証の取組を促進し、病原体等検査の信頼性を確保することを目的とします。

 

 

令和2年度課題

 厚生労働省外部精度管理事業

 

    「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)」に基づき感染症の行政検査を行う公的検査機関を対象とする。当該施設において実施する検査に関して、外部精度評価の機会を提供し、調査結果の評価・還元等をつうじて精度保証の取組を促進し、検査の信頼性を確保することを目的とします。

 

令和3年度課題

N-terminal PreS1 Sequence Regulates Efficient Infection of Cell Culture-generated Hepatitis B Virus.

Asako Murayama, Norie Yamada, Yoshiki Osaki, Masaaki Shiina, Hussein Hassan Aly, Masashi Iwamoto, Senko Tsukuda, Koichi Watashi, Mami Matsuda, Ryosuke Suzuki, Tomohisa Tanaka, Kohji Moriishi, Tetsuro Suzuki, Hironori Nishitsuji, Masaya Sugiyama, Masashi Mizokami, Kunitada Shimotohno, Takaji Wakita, Masamichi Muramatsu, T Jake Liang, Takanobu Kato.

Hepatology published online May.23.2020 (doi:10.1002/hep.31308).

 

vir 2020 02B型肝炎ウイルス(HBV)の効率的な細胞培養系は、ウイルスの特性や抗ウイルス薬の研究に必須である。現在、培養細胞でHBV感染を観察するには、HepG2.2.15またはHepAD-38といったHBVゲノムが組み込まれた細胞株から産生されたウイルスが一般的に使用されているが、いずれも遺伝子型Dのウイルス株由来であり、遺伝子型によるウイルスの特性の違いや抗ウイルス薬に対する耐性変異の評価には適していない。一方で、HBV発現プラスミドの一過性導入によって得られたHBVは、培養細胞での感染効率が低い。

Comparative characterization of flavivirus production in two cell lines: Human hepatoma-derived Huh7.5.1-8 and African green monkey kidney-derived Vero.

Kyoko Saito, Masayoshi Fukasawa, Yoshitaka Shirasago, Ryosuke Suzuki, Naoki Osada, Toshiyuki Yamaji, Takaji Wakita, Eiji Konishi, Kentaro Hanada

PLOS ONE 15(4): e0232274.

 

vir 2020 02未知のウイルスを分離したり、増やしたりする上で、培養細胞は欠かせない存在です。様々なウイルスの増殖性が高く、研究・ウイルスワクチン生産に汎用されている細胞として、アフリカミドリザル腎由来Vero細胞が知られています。一方、私たちはこれまでに、C型肝炎ウイルスの増殖性が高い、ヒト肝がん由来Huh7.5.1-8細胞を樹立しました(Shirasago et al. Jpn J Infect Dis. 68(2):81, 2015)。

High expression of JC polyomavirus-encoded microRNAs in progressive multifocal leukoencephalopathy tissues and its repressive role in virus replication.

Kenta Takahashi, Yuko Sato, Tsuyoshi Sekizuka, Makoto Kuroda, Tadaki Suzuki, Hideki Hasegawa, Harutaka Katano

PLOS Pathogens 16(4): e1008523.

 

vir 2020 02マイクロRNAは生物ゲノムにコードされる20塩基ほどの短いRNAで、他の遺伝子の発現を調節する働きをしている。本研究では、ウイルス由来のマイクロRNAを検出するin situ hybridizationの技術を確立し、進行性多巣性白質脳症とBKウイルス関連腎症の組織標本上で、ポリオーマウイルス由来のマイクロRNAが感染細胞の核に発現することを示した。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version