国立感染症研究所

Human sapovirus propagation in human cell lines supplemented with bile acids.

Hirotaka Takagi, Tomoichiro Oka, Takashi Shimoike, Hiroyuki Saito, Takayuki Kobayashi, Tomoko Takahashi, Chika Tatsumi, Michiyo Kataoka, Qiuhong Wang, Linda J. Saif, Mamoru Noda.

Proc. Nat. Acad. Sci. USA, PNAS first published November 30, 2020;

vir 2020 12ヒトサポウイルスはノロウイルス同様、下痢嘔吐原因ウイルスのひとつで、
広い年齢層で感染・発症し、再感染や食中毒を含む集団感染事例も報告されています。1970年代の発見以降、このウイルスの培養や実験動物を用いた増殖系は存在せず、不活性化条件検討や感染・増殖のメカニズムはわからないままでした。今回、国立感染症研究所、地方衛生研究所、国立医薬品食品衛生研究所、及び米国オハイオ州立大学との共同研究により、ヒトサポウイルスが胆汁酸存在下、ヒト由来細胞株で増殖することを見出し、ウイルス分離とその継代培養にも成功しました。ヒトサポウイルスが加熱や紫外線の処理に対し、一定の抵抗性を有することもわかりました。

molbio 2018 1Identification of characteristic genomic markers in human hepatoma HuH-7 and Huh7.5.1-8 cell lines,

Kawamoto M, Yamaji T, Saito K, Shirasago Y, Satomura K, Endo T, Fukasawa M, Hanada K, and Osada N.

Frontier in Genetics, 111, Article 546106, 2020

研究に使用している細胞が意図したものであるのかを定期的にチェックする作業は楽ではありません。しかし、それを怠り、別の細胞を使用していたことが後から発覚すると、得たデータは使いものにならず、研究者自身の信用も失うという悪夢を招きます。

 

HTLV-1 targets human placental trophoblasts in seropositive pregnant women.

Kenta Tezuka, Naoki Fuchi, Kazu Okuma, Takashi Tsukiyama, Shoko Miura, Yuri Hasegawa, Ai Nagata, Nahoko Komatsu, Hiroo Hasegawa, Daisuke Sasaki, Eita Sasaki, Takuo Mizukami, Madoka Kuramitsu, Sahoko Matsuoka, Katsunori Yanagihara, Kiyonori Miura, Isao Hamaguchi.

J Clin Invest. 2020 Oct 19:135525. doi: 10.1172/JCI135525.


vir 2020 12ヒトT細胞白血病ウイルス1型 (HTLV-1) は重篤な成人T細胞白血病 (ATL) やHTLV-1関連脊髄症 (HAM) の原因ウイルスである。HTLV-1は主に感染者 (キャリア) の母乳を介して児に感染することが知られており、人工栄養法の選択や母乳栄養法を工夫することによって母子感染を高いレベルで制御可能であることが明らかにされている。その一方で完全な人工栄養法を選択した児の一部にも感染が認められることから、母乳以外の感染経路の存在が示唆されていたが長い間その詳細は不明であった。

Immunodominant proteins P1 and P40/P90 from human pathogen Mycoplasma pneumoniae.

David Vizarraga, Akihiro Kawamoto, U. Matsumoto, Ramiro Illanes, Rosa Pérez-Luque, Jesús Martín, Rocco Mazzolini, Paula Bierge, Oscar Q. Pich, Mateu Espasa, Isabel Sanfeliu, Juliana Esperalba, Miguel Fernández-Huerta, Margot P. Scheffer, Jaume Pinyol, Achilleas S. Frangakis, Maria Lluch-Senar, Shigetarou Mori, Keigo Shibayama, Tsuyoshi Kenri, Takayuki Kato, Keiichi Namba, Ignacio Fita, Makoto Miyata & David Aparicio

Nature Communications 11, Article number: 5188 (2020)

P1タンパク質複合体はP1とP40/P90が2分子ずつの4量体構造で、インフルエンザウイルスと同様に細胞表面のシアリルオリゴ糖(SAα2,6GalおよびSAα2,3Gal)に結合する。今回、クライオ電顕法とX線結晶構造解析でP1とP40/P90の分子構造を1.9Å、2.9Åの解像度で解明した。

 

Establishment of a novel diagnostic test algorithm for human T-cell leukemia virus type 1 infection with line immunoassay replacement of western blotting: a collaborative study for performance evaluation of diagnostic assays in Japan.

Okuma K, Kuramitsu M, Niwa T, Taniguchi T, Masaki Y, Ueda G, Matsumoto C, Sobata R, Sagara Y, Nakamura H, Satake M, Miura K, Fuchi N, Masuzaki H, Okayama A, Umeki K, Yamano Y, Sato T, Iwanaga M, Uchimaru K, Nakashima M, Utsunomiya A, Kubota R, Ishitsuka K, Hasegawa H, Sasaki D, Koh KR, Taki M, Nosaka K, Ogata M, Naruse I, Kaneko N, Okajima S, Tezuka K, Ikebe E, Matsuoka S, Itabashi K, Saito S, Watanabe T, Hamaguchi I.

Retrovirology. 2020 Aug 24;17(1):26.

exam 2020 1現在ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)感染の診断では、HTLV-1 抗体の一次検査陽性例に確認検査としてウエスタンブロット(WB)法を実施しているが、しばしば判定保留となる課題があった。本研究でWB法の代替法としてラインブロット(LIA)法の性能を評価したところ、判定保留例の大半を判定できることが分かった。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version