国立感染症研究所

SARS、MERS、COVID-19を含むコロナウイルス感染症に関する記事がWebサイト全体から集められて表示されます。

 

IASR-logo

飲食店の利用促進キャンペーンと新型コロナウイルス感染症発生との関係

(IASR Vol. 43 p121-122: 2022年5月号)

 

 2021年秋には国内で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)B.1.617.2変異株(デルタ株)の流行が落ち着きつつあったが, 旭川市では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の罹患率が高い状況が続いていた。同時期, 旭川市にある繁華街, 通称「さんろく街」では, 2021年10月6日から観光社交飲食協会が加盟店対象に, 複数店舗の利用で特典が得られるキャンペーンを開催しており, 101店舗(うち接待を伴う飲食店24店舗)が参加していた。そのような状況の中で, 10~11月にかけて, さんろく街の飲食店従業員と客を中心としたクラスターが複数確認された。そこで, 繁華街におけるキャンペーンが感染拡大に与えた影響および自治体によるCOVID-19対策優良飲食店の認証制度の感染拡大予防効果について検討した。なお, 2021年10月時点で旭川市には飲食店が3,358店舗存在していた。

IASR-logo

主に保護者の感染から疑われた新型コロナウイルス感染症(デルタ株)の複数地域の保育所における集団感染事例, 2021年10~11月

(IASR Vol. 43 p122-123: 2022年5月号)

 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が全国的に低調であった2021年10~11月に, 国内の複数の保育所でCOVID-19症例の集積を認めた。このうち地理的に離れた2つの市の事例について, 探知と対応に関する知見を紹介するため, 調査の結果を報告する。なお, この時期の両市の平均報告数は4-5例/日であった。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version