国立感染症研究所

薬剤耐性菌感染症

カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(carbapenem-resistant Enterobacteriaceae: CRE)病原体サーベイランス, 2017年

IASR-logo

カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(carbapenem-resistant Enterobacteriaceae: CRE)病原体サーベイランス, 2017年

(IASR Vol. 39 p162-163: 2018年9月号)

感染症法5類全数把握対象疾患であるカルバペネム耐性腸内細菌科細菌(carbapenem-resistant Enterobacteriaceae: CRE)感染症は, 2017年3月に発出された通知(健感発0328第4号)により, 症例の届出があった際には医療機関に対し病原体の提出を求め, 地方衛生研究所等で試験検査を実施し, 結果を病原体検出情報システムに報告することとなっている。今回, 通知で原則実施とされている, PCR法による主要なカルバペネマーゼ遺伝子(IMP型, NDM型, KPC型, OXA-48型)の検出結果の概要を示す。

東京都, 新潟県, 沖縄県におけるUSA300株による侵襲性MRSA感染症の乳児例

IASR-logo

東京都, 新潟県, 沖縄県におけるUSA300株による侵襲性MRSA感染症の乳児例

(IASR Vol. 39 p124-125: 2018年7月号)

耐性菌感染症でmethicillin resistant Staphylococcus aureus(MRSA)は, 分離頻度も高く, 疾病負荷が高い1)。米国では毒素のPanton Valentine Leukocidin(PVL)を産生するUSA300株の感染が多く問題となっているが, 国内での分離報告は稀である2-5)。国内での最初のUSA300株の検出は, 2007年に米国出生の乳児からの例が報告されている6)

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version