国立感染症研究所

薬剤耐性菌感染症

 

IASR-logo

セフィデロコル耐性NDM-5メタロ-β-ラクタマーゼ産生大腸菌の国内分離例

(速報掲載日 2024/5/15)
 

セフィデロコルは、カルバペネム耐性腸内細菌目細菌(CRE)を含む薬剤耐性グラム陰性菌に幅広い抗菌活性を示し、2019年に米国、2020年に欧州そして本邦では2023年11月に承認されたβ-ラクタム系新規抗菌薬である1,2)。わが国とアジアで分離の多いIMP型やNDM型メタロ-β-ラクタマーゼ(MBL)を産生するCREに対しても単剤で抗菌活性を示し、その臨床効果が期待されている3)。5類全数把握疾患であるCRE感染症は、2017~2018年は3,949例が届出られ、患者より分離された2,549株が地方衛生研究所等で試験検査されている4)。国立感染症研究所(感染研)薬剤耐性研究センターはこのうち1,348株の提供を受け、メロペネムに耐性を示した449株(33%)についてセフィデロコルの薬剤感受性試験を実施したところ、117株の大腸菌のうち3株がセフィデロコル耐性を示したため、その概要を報告する。

IASR-logo

カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(carbapenem-resistant Enterobacteriaceae: CRE)病原体サーベイランス, 2017年

(IASR Vol. 39 p162-163: 2018年9月号)

感染症法5類全数把握対象疾患であるカルバペネム耐性腸内細菌科細菌(carbapenem-resistant Enterobacteriaceae: CRE)感染症は, 2017年3月に発出された通知(健感発0328第4号)により, 症例の届出があった際には医療機関に対し病原体の提出を求め, 地方衛生研究所等で試験検査を実施し, 結果を病原体検出情報システムに報告することとなっている。今回, 通知で原則実施とされている, PCR法による主要なカルバペネマーゼ遺伝子(IMP型, NDM型, KPC型, OXA-48型)の検出結果の概要を示す。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version